古本買取の査定基準は!?

Home / 古本買取の査定基準は!?

古本買取の査定基準は!?

| Uncategorised | コメントはまだありません

古本屋は、古本の買取を行っています。どんな古本が高く買い取ってもらえるかですが、持ち込む本によります。古本屋のスタッフが一冊一冊査定を行い、買取価格を決めていきます。高く売れるものもありますが、値段のつかないものも。値段のつかない古本に関しては売れませんから、家に持ち帰ることになるでしょう。

高く売れる古本は?

比較的古本で高く売ることができるのは、新しくてキレイな状態のものです。汚れが多くなればなるほど、買取価格が下がります。ただし、シミや汚れがついていたとしても、希少価値があれば、高く売れる場合があります。年代の古いものは、それなりに汚れがついていたりするものです。多くの店では、古本に「A・B・C・D」というようにランクをつけて販売しています。誰が査定しても同じ価格になるように、マニュアルが決まっています。

価格の安い古本とは?

シミや汚れの多い古本は、売れない場合があります。本の中に書き込みがあるものなども、購入する人に嫌われます。価格が安いなりの何かしら理由があるはずです。なかには、値段のつかない場合も。値段がつかないものに関しては家に持ち帰るか、その場で処分してもらう選択肢があります。その店で売れなくてもほかの店で売れることがあるため、持ち帰ることをおすすめします。

店によって価格は異なる

古本を売る店により買取の査定基準が異なります。Aの店に行って売れないからといって、Bの店でも売れないとは限りません。複数の店舗で見てもらうことをおすすめします。店ごとで売れ筋の商品が異なっているからです。漫画本が売れる店があれば、写真集が売れる店というようにそれぞれの店に特徴があります。古本屋の個性を見極め、何が売れるのかを調べてからいきましょう。

高価買取の商品一覧

古本屋の店頭に、高価買取を行っている商品のリストがあがっていることがあります。リストを見ると、確実に高値で買い取ってもらえる商品がわかります。それを知らずに売ってしまうと損をすることになりますから、古本を売る前に店が告知している商品がないか確認しましょう。

まとめ

古本屋は、その店独自の査定基準を持っています。なんとなくついている値段を見ると、古本のレベルを想像できることも少なくありません。状態がいいから高く売れるとは限らず、年代ものの汚い書籍の値段が、予想外に高いことがあります。古本に“絶対”ということはありませんから、いろんな店を回って査定してもらってください。

By

About Author

about author