リアル店舗と違うネット書店のメリット

Home / リアル店舗と違うネット書店のメリット

町の書店の数は年々減っており、ネットで本を売る書店が増えています。ネット書店は店舗を構える必要がなく、店員などを雇わなくてすむことから人件費がかからないというメリットがあります。本の画像をネットに掲載しておくだけで、読者がほしいと思う書籍を購入することができます。インターネット上で書籍を注文したら、配送条件を指定して自宅まで届けてもらうことが可能です。

店舗を構える必要がない

リアル店舗は店を出すのに大きな費用がかかりますが、ネット書店はホームページを掲載するだけですみます。お客様がホームページを訪れ、読みたい書籍を購入していきます。リアル店舗の場合、営業できる時間が限られていますが、ネット書店は24時間365日開店することが可能です。リアル店舗は万引きが多いことで問題になったりしますが、ネット書店は書籍を監視する必要がありません。

人件費がかからない

ネット書店だからといって人件費がまったくかからないというわけではありませんけど、リアル店舗よりは雇う人数が少なくすみます。ネット書店では、お客様に対応するのが実際の人である必要はなく、ホームページにイラストなどで入れておくことも可能です。吹き出しなどを付けて挨拶を入れておけば、そこに販売員がいるように演出することができます。

レビューを読むことができる

ネット書店を訪れる人は、ホームページに掲載されているレビューを読んで購入する本を決めることができます。レビューは誰もが手軽に書き込むことができるため、大勢の人の意見を参考にすることが可能です。ネット上で時間をかけてじっくり本を選べるのも、大きな特徴のひとつでしょう。本屋の店頭で立ち読みするのに比べると、自宅でリラックスして購入する本を比較することができます。

自宅まで配送してもらえる

本というのは、意外に重たいものです。リアル店舗の場合は、本を購入したら自宅まで運ぶ必要がありますが、ネット書店を利用すると配送が基本となります。配送料金がかかりますけど、比較的安く送ることのできるものを選べます。

まとめ

ネット書店は、リアル店舗を構えるのに比べてずっと少ない費用で運営できるというメリットがあります。人件費などもおさえようと思えば、減らすことが可能です。リアル店舗との大きな違いは、本を購入する際にレビューを読んでから購入できる点です。また、基本的にネット書店は、購入した本を配送してもらうことになります。

By

About Author

about author